• yukiyuka

子宮けいがんの予防接種を受けましょう

子宮けいがんの予防接種は今でも公費で受けられます。副反応について色々報道されていますが、予防接種との直接的な因果関係は否定されております。その上、各国では明らかに効果が実証されております。

小学校6年生〜高校1年生の間は公費で受けられますが、それを過ぎた場合は自費になります。3回接種で接種間隔を考慮しますと、遅くとも高1の9月までに接種を始めてください。

新しい9価のワクチンが販売されましたが(今までは2価と4価)、公費では接種できません。 9価のワクチンは自費で1回32000円です。ご希望の方は受付にお申し付けください。

最新記事

すべて表示

RSウィルス感染症について

RSウィルス感染症が増えてきました。 RSウィルスに感染すると、普通は風邪症状で終わります。特に薬があるわけでもなく自然に治ります。なので、無理に検査をして診断をつける必要はありません。保育園や幼稚園で検査するように言われた場合はご相談ください。 しかし、5ヶ月未満の赤ちゃんや、ぜんそくなどの基礎疾患がある児が感染すると、 悪化する場合がありますのでしっかりとした経過観察が必要です。

日本脳炎の予防接種の受付中止しています。

日本脳炎のワクチンの製造会社の一部で不具合が見つかったたため、全国的に流通が滞っています。東大和市以外の在住の方については、ワクチンの納入ルートが違い、現在、当院への納入予定ないため予約受付を中止しています。今後の見通しがわかり次第、こちらでお知らせいたします。 東大和市在住の方向けのワクチンの納入は少しづつあります。納入が決まりましたら、こちらのサイトで受付再開いたします。現在、院内在庫分のワク